184
  2017年01月04日    

1月は日本を楽しむワインツアー【前編】

皆様あけましておめでとうございます。 今日もワイン部 青山金魚の2017年幕開けは、日本の器で楽しむおつまみや、日本ワイナリーの厳選ワイン等をお届けします。

青山清美(金魚) 327 views

1月最初の記事は、東京で11月に開催されたミニミニゴロザリアin TOKYO (料理通信社主催)で
日本ワインを牽引する実力派!!これだけは飲んでおきたい10本!!を試飲してきたレポとあわせて、
日本の年始の家飲みらしく、お重と小鉢を使った、盛り付けのご提案をお届けしまーす。

お重に入った小さなおつまみ

お正月がすぎ、それでもおせちがちょっと余ってたりしたらぜひ。 どれも、ワインとあうちょこちょこおつまみになっております。
↑左上:左上から時計回りに、枝豆の白だし漬け&長寿を願うちょろぎ。
おせちで余ったちょろぎが良いアクセント。上品な白だしにつけた枝豆は、白ワインや日本酒と相性抜群です。

数の子の明太子和え&きんかん風味付。 
数の子の塩気を抜いて、明太子とあえました。金柑の果汁を絞り爽やかな味に。輪切りを飾って可愛さプラス♪

イカソーメンととびっこにいくら添え。
お刺身のイカソーメン用のイカに、黄金色の飛びっこをたっぷりと混ぜ、ほんのちょっぴりお酒を振ってあります。
イクラを添えれば、宝石箱のようにきらきらー。

↑右:左上から時計回りに、たこのガリシア風&アンチョビオリーブ。
一度冷凍し細胞を壊したタコをやわらかく茹で、オリーブオイル、パプリカパウダー、レモン、海塩をかけます。アンチョビオリーブと一緒に盛り付けました。

パルマハムとハーブ&ガーリックのクリームチーズ。純胡椒とドライフルーツを散らして。
クリームチーズ1カップに、GABANエルブ・ド・プロバンスを小さじに軽く1杯と粗挽きガーリックを少々。ひたすら混ぜるだけ。
お店でう売ってるちょっとお高めの、ハーブ&ガーリック入りのクリチが、自分好みのハーブ加減、ガーリック加減で瞬時に作れますよ。 これは本当是非、お試ししてほしいです。

スモーキーミックスナッツ&ドライフルーツ。
ミックスナッツに燻製の香りをまとわせドライフルーツと一緒に詰めました。
ついついつまみながら、話も弾み ゆっくりとした新春の時間を友や夫婦で過ごすのにもってこいのおつまみです。

アボカドとパルミジャーノ・レッジャーノのパルマハム巻。 
スライスしたアボカドにすりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノを振り、パルマハムでふわりと巻きました。

おせち料理の食材に、諸外国の料理を融合したちょこちょこ小鉢たちは、どこかほっとする味。それでいて日本のワインにとても良く合う料理達となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本ワインを牽引する実力派のワインをマッチングさせ乾杯しませんか?

前編では、10本のうち 5本をご紹介致します。
岩倉久恵さんナビゲート、マッソブリオさんとともに楽しむテイスティングセッションですよー!! もう、なんて贅沢なんでしょう。
会場には、日本各地でワインづくりに挑戦する注目のつくり手による希少なワインがずらりと並んでおりました。


パオロ・マッソブリオ氏 ※料理通信社の紹介記事より抜粋
イタリアで30年に渡り農業経済、食分野のジャーナリストとして活躍。
イタリア全州の優れた「食材生産者」「食料品店」「ワイナリー」「オリーブオイル」
「レストラン」を州別にまとめたベストセラーガイドブック『Il Golosario(イル・ゴロザリオ)』
を1994年出版(2002年より毎年更新)。全国に50支部6000人の会員をもつ美食クラブ「クラブ・パピヨン」の設立者でもある。

岩倉久恵氏 神泉 カフェ ブリュ の女将 ジャパンクオリティのワイン第一人者
日本ワインの黎明期から、自ら生産者の元を訪れて交流を図り、その魅力を広めている。日本のワイナリーを語らせたら右に出る人はいない!と、思うほど。
日本のワインを、日本の出汁に寄り添うような味わいがある。という岩倉さんの一言から1月のこの記事が思い浮かびましたよ。

 

・・・・・・・・・・・山形 タケダワイナリー
一本目のティスティングからかなりやっつけられました。
岩倉さんがおすすめする、山形県タケダワイナリーの赤!ではなく・・・・白の発泡!!!!
これが、目が覚めるような美味しさで、日本ワインにわくわくしてしまいました。

山形 タケダワイナリー サン・スフル 山形県産デラウェア種100% 2016年 白 発泡
参考:タケダワイナリー 公式サイト

 

・・・・・・・・・・・大阪 島之内フジマル製造所
2本目はお馴染み、大阪は島之内フジマル製造所から、キュベパビーユ・DSL (デラウェア・シュール・リー)2015 白
参考:FUJIMARU WINE SHOP 公式サイト

この日のために東京にいらっしゃっていて、自らワインの説明をして下さりました。
そして、パティオではなかなか味わうことができない、醸造所で仕込まれた、2016年のデラウエアを生樽からグラスで提供!!
もちろん!!飲みましたよー。 


 

・・・・・・・・・・・山梨 金井醸造場
山梨 金井醸造場 ヴィノダ万力 シャルデラ 2015 白
参考:金井醸造場公式サイト

 

・・・・・・・・・・・長野 ヴィラデストワイナリー
長野 ヴィラデストワイナリー ビニュロンズリザーブ シャルドネ 2015年 白
参考:ヴィラデスト公式サイト

 

・・・・・・・・・・・栃木 ココ・ファーム・ワイナリー
栃木 ココ・ファーム・ワイナリー 2014 プティ・マンサン
参考:COCO FARM &WINERY 公式サイト


今回このイベントに参加した何十人ものお客さんからあがる感想は本当人それぞれだったので、ここでの私からの感想コメントは控えておくとして・・・

さてさて、だいぶ心地よい酔いが回ってまいりましたので、残りの5本は後編でご紹介させて下さいませ。
後編では、赤が登場しますよ~~~~~っ。
新春の日本の家飲みに。日本ワイナリーで造られる日本ワイン。 ぜひ、堪能してみて下さい。

 

合言葉は・・・

Love Wine & Be Happy !!   : ) ♪

 

青山清美(金魚)部員の関連記事一覧

・12月は世界の鍋deワインパーティー【後編】

・12月は世界の鍋deワインパーティー【前編】

・Beaujolais nouveau 家飲み派?外飲み派?11月【後編】

・11月はもちろんBeaujolais nouveauを楽しむあれこれ【前編】

・10月はピノ・ノワールと秋の食欲を満たすマニアック料理 【後編】

・10月はピノ・ノワールと秋の食欲を満たすマニアック料理 【前編】​ 

・9月の残暑に・・・シャルドネと和エスニック料理 【後編】

・9月の残暑に・・・シャルドネと和エスニック料理 【前編】

8月は「南の島でバカンス気分」を食卓で 【後編】

8月は「南の島でバカンス気分」を食卓で 【前編】

7月のワインに合わせる赤いサラダと余ったワインの活用法

7月の「涼」と「夏疲れ回復レシピ」

6月の梅雨を愉しむベランダピクニック

 

青山清美(金魚) 青山清美(金魚)
お外で飲む外食ワインもお家で愉しむ家バルワインも大好きです。フリーランスフードクリエイター・オリーブオイルテイスタ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします



キュレーター紹介
青山清美(金魚)
青山清美(金魚)
お外で飲む外食ワインもお家で愉しむ家バルワインも大好きです。フリーランスフードクリエイター・オリーブオイルテイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・元バーテンダー

no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!