210
  2017年05月26日       expatedna.com

フランス発、人生が豊かになる習慣♪『アペリティフ』

仕事と夕食の間にあるリラックスな時間、それがアペリティフ。 そんなアペリティフを家で楽しむヒントをご紹介♪

「今日もワイン部」編集部 146 views

『アペリティフ』、
フランス語で「食前酒」を表すコトバですが、
最近では夕食前の一杯を楽しむ時間として、日本でもだいぶ浸透してきましたね。
このアペリティフ、ワイン大国のフランスでは人生にかかせない!といっても過言ではないくらい大切な習慣なんです。

フランス人は Art de Vivre(ライフスタイル)を大切にし、日々の生活の中に「ゆとりのひととき」= 「アペリティフを楽しむ習慣」 を取り入れています。

食に至上の喜びを求めるフランス人とって、食事を始める前に飲み物とアミューズ(おつまみ)で、 友人たちとお喋りに興じるアペリティフタイムは欠かせません。
出典:hipparis.com

アペリティフの起源は、19世紀ごろのフランスで、食欲を増進させたり、出席者の会話を弾ませるたりするために飲む酒だという。本来気軽なもので、フランス人は、仕事帰りのカフェや家での食事、あるいは休日の公園で、それぞれ自分のスタイルに合わせて楽しむ。
出典:xdaysiny.com

フランスでは今やアペリティフ→アペロとなって、動詞化してるほど!

日本の「お茶しない?」が、フランスの「アペロ(アペリティフの略)しない?」に似ているという。人と知り合って、もう少し交流を深めたいと思うようなときも「アペロしない?」と声を掛ける。美食を愛し、友情を重んじ、ゆったりと人生を楽しむフランスの食生活そのもの」がアペリティフというわけだ。

世界各国で(もちろん日本でも!)、「アペリティフの日」があります。
ちなみに今年2017年は、6月1日(木)。

フランス農水省は2004年から、世界各国で毎年6月の第1木曜日を「アペリティフの日」とし、世界規模でイベントが行われている。日本でも同年からフランス農水省 とフランス食品振興会(SOPEXA) の共催により東京、横浜、京都、福岡などの都市でイベントが行われている。
合言葉は「アペしない?」。

さらには、
「365日、毎日アペリティフを楽しもう!」とイベントも盛りだくさん♪

アペリティフ、どう楽しむ?

アペリティフを家で楽しむには?
はい、難しいことはなし!
手軽につまめるフィンガーフードがアペリティフの基本。
ひとくちサイズのおつまみをクラッカーに乗せたり、ピックに刺したり、
最近ではスプーンに乗せるスタイルも人気。

スパークリングや白ワインとピッタリ!丸めたクリームチーズにサーモンを巻いたピンチョス。

ソースがついたミートボールも、ピックに刺して食べやすく。

大きめのカッティングボードにパンとチーズ、ディップ類を並べて、みんなでワイワイ自由に食べるスタイルも楽しい♪

ミニトマトの中にスタッフィングをしたキュートなアレンジ♡

スプーンは家にあるものでOK!これだけで一気におしゃれ感がアップ☆

スープは小さなグラスに入れてサーブ。初夏なら冷たいガスパチョなどもオススメ!

お気に入りのワインやカクテルを用意してアペロ開始♪

おつまみがそろったら、
ワインとグラスを用意してアペリティフがスタート!

アペリティフの主役は、家族や友達との『会話』。
だから、つまむものも簡単でOK。準備に手間がかからないのも嬉しいところ。
おつまみをいろいろ用意してディナー代わりにする
「アペロ・ディナトワール(夕食を兼ねたアペロ)」も人気です♪

出典:lebemut.de

これから初夏に向かって夕暮れの気持ちのいい季節。
自分らしいスタイルで、アペリティフ楽しんでみては?

Love Wine & Be Happy ♪

「今日もワイン部」編集部 「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします



キュレーター紹介
「今日もワイン部」編集部
「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシェア&お届けします!

no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!