236
  2017年10月19日    

ワインを楽しまないと悪戯しちゃうぞー。

秋が深まり、オレンジ色のディスプレイが街を彩るこの時期の家飲みといったら・・・そう!ハロウィン♪

青山清美(金魚) 197 views

トリックオアトリート?

やっぱり、悪戯されちゃいながらワインを楽しみたい金魚です。 こんばんわ。

先日仕事からの帰り道に、こんな可愛らしい観賞用かぼちゃと出会いました。
地元の商店街の中にあるお花屋さんは、駅前のお花屋さんよりも断然庶民の味方価格で・・・。

この写真にある鑑賞用かぼちゃ。どれもこれも1個200円+税。でもねーここからが本番。お花屋さんのおばちゃまが耳元でこう囁くんです。 
「消費税分サービスするよ~~~」って、なんだか、ハロウィンの悪戯魔女みたいに・・・。
1000円以内で4個買うつもりが、そんなこと言われたらやっぱり5個連れ帰っちゃうでしょう?

冷静に考えると、おつりがあるはずが、ぴったり価格。 やっぱりあのおばちゃまは魔女だ。
そうに違いない。と思いながら歩いて行くと・・・。



まるで私が通るのを待っていたかのように、ケラケラと笑うかぼちゃラベルのワインに出会いました。

CONTEDORのハロィン限定エチケットスパークリングワイン
Gran Cuvee Brut HALLOWEEN  イタリア/ヴェネクト 白・辛口・発泡  ぶどう品種:ガルガーネガ100%
アルコール度数:11% ビンテージ:NV
1910年ロンバルディアに設立されたワイナリーPIROVANOが手掛けるコストパフォーマンス抜群のスパークリングワイン。
りんごや白桃の香り。繊細な泡立ちとフレッシュなミネラル感は、和食にも良く合います。

・・・・・
さらに通りを進んで角を右に曲がったところにある八百屋さんの軒先では、直径12センチに満たない小さなちいさなかぼちゃを持ったおじいちゃんが手招きしてました。

操られるように買い求めてしまった、掌にのる小さなカボチャ。
その名は プッチーニパンプキン。食べるまでのしばらくの間飾っておいたら、夜にはカボチャの馬車に変身して、王子様の待つお城まで連れて行ってくれるかしら。

な~んて、ひとり乙女気分の妄想が盛り上がったところに、「ピンポーン。」あらら、リアル王子(オット)が帰宅。
現実に舞い戻り、ほっくり甘くて、ぴりりとスパイシー。かぼちゃのカレーを作りました。リアル王子さまのために♪

この時期なら、根菜類&スパイスでベジタブルカレーも美味しいですよ♪
基本のスパイスカレーの作り方は、こちらhttps://wine-bu.com/113
鶏胸肉をレンコンや秋なすに変更してみて下さーい!美味しいですよ~っ。

・・・・・本日のワインを使ったデザート
洋梨のコンポート
前回に余った、洋梨と赤ワインでもう一品。 
トリックオアトリート。甘くてコク深くワイン色に染まった洋梨をご紹介。

材料:赤ワイン・レモンスライス・クローブ・シナモンスティック・メープルシュガー。
作り方:洋梨は皮を剥いて、おしりの方から芯をくり抜く。
小鍋に洋梨を入れ、ひたひたに被る位のワインを注ぎ、レモン、クローブ、シナモンスティック、メープルシュガーを入れことことと10分煮る。
鍋の底に氷水をあて冷まし、冷めたら汁ごと冷蔵庫で一晩寝かせる。(煮込み時間は、洋梨の熟れ加減で調節して下さい。)
ワインの風味と甘い誘惑。ハロウィンのオトナパーティーシーンに添えてみてはいかがでしょう♪

・・・・・
なんだか、今年は雨が多いですね。地球がしっとりしている気がします。
めっきり寒さもやってきて、しっぽりお家にひきこもり、じっくりことこと煮込み料理と、家ワインが美味しい季節。
11月は自分の誕生日。何を創ってワインを楽しみましょ♪

でわでわ、今月はこの辺で・・・
 

合言葉は

Love Wine & Be Happy !! : )♪

・・・・・・・今日の参考アイテム(ワイン以外)
シグニチャー ココット・ロンド 16cm
16センチは1人暮らしや、2人の生活にもぴったりマッチ。夫婦と子ども1人の朝のお味噌汁にもちょうど良いです。
ムラのない熱まわりで、煮込み料理はもちろん♪ 1合だけ炊きたい!という時のごはんの炊飯にもおすすめですよー。

 

青山清美(金魚)
青山清美(金魚)
お外で飲む外食ワインもお家で愉しむ家バルワインも大好きです。フリーランスフードクリエイター・オリーブオイルテイスタ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: フード&レシピ


キュレーター紹介
青山清美(金魚)
青山清美(金魚)
お外で飲む外食ワインもお家で愉しむ家バルワインも大好きです。フリーランスフードクリエイター・オリーブオイルテイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・元バーテンダー

no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!