68
  2016年06月02日       www.g7ise-shimasummit.go.jp

伊勢志摩サミットで出された12種のワインは全て日本ワイン。選定にはあの漫画の著者も!

三重県で開催されたG7伊勢志摩サミットでは、伊勢海老、アワビ、松阪牛など地元三重県産の高級食材を使った料理で各国首脳をもてなした。飲み物は三重県産を中心とした日本酒の他、12種のワインが出されたが、全てのワインが日本ワインだった。ワインの選定は、人気漫画の著者・亜樹直(樹林伸)さんなどが行なったという。その12種がどんなワインか?調べてみました。

「今日もワイン部」編集部 12,743 views

伊勢海老、アワビ、松阪牛など地元の高級食材をふんだんに使った料理と日本酒や日本ワインでお・も・て・な・し

出典:www.mofa.go.jp

5月26日のワーキング・ディナーで主要7カ国(G7)首脳等に提供された食事

主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)は、ホスト国による食のおもてなしも注目点だ。伊勢志摩サミットでは、松阪牛や伊勢エビ、ハマグリなど、開催地・三重県を代表する山海の食材をふんだんに使った料理が披露された。
2日間にわたり開かれた伊勢志摩サミットの食事会などでは、12種の「日本ワイン」が振る舞われた。

ワインを選定したメンバーにはあの漫画の著者も!

出典:twitter.com

漫画 「神の雫」の著者 樹林 伸(亜樹直)氏

数ある国内産の中から厳選し各国首脳をうならせたのは、ワインをテーマにした漫画「神の雫」の著者樹林伸さんら7人の選考委員だった。
出典:wine-noble.com

伊勢志摩サミット日本ワイン選考委員会のメンバー

12種の日本ワインはこちら!

出典:www.mofa.go.jp

5月26日のワーキング・ディナー

朝日町ワイン 朝日町マイスターセレクション バレルセレクション赤

ヴィラデストワイナリー ヴィラデスト ヴィニュロンズリザーブ シャルドネ2014

勝沼醸造 アルガブランカ ブリリャンテ

木下インターナショナル シャトー酒折ワイナリー 甲州ドライ2015

サッポロビール GP 絢あや(赤)

サッポロビール GP 泉せん(白)

サントリー 登美ノーブルドール1990

シャトー・メルシャン アンサンブルももいろ2013

丸藤葡萄酒工業 ルバイヤート プティヴェルド2012

マンズワイン スパークリングワイン甲州酵母の泡キューブクローズ

メルシャン シャトー・メルシャン 北信シャルドネ2014

メルシャン シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤードオムニス2012

12種類のワインを、種類、品種、産地、価格帯で分類してみたところ、次のようになっていた。

種類は、白と赤が4種ずつ、泡が2種、ロゼ、デザートが各1種。
品種(主体ベース)は、甲州が4種、マスカットベリーAが2種で日本の品種が6種、シャルドネやメルローなどの海外の品種が6種。
産地(主体ベース)は、山梨が7種、長野が4種、山形が1種。
価格帯は、1300円から4万円以上までと幅広いが、1000円台が6種、4000円以上が6種。

料理に合わせてセレクトされたことはもちろんだが、種類、品種、産地、価格帯など様々な角度からバランスがとれた構成となっていて、日本ワインの幅の広さや奥行をアピールできたのではないだろうか?

最初の食事にはこのワイン!【5月26日 ワーキング・ランチ】

シャトー・メルシャン 北信シャルドネ 2014年

長野県北部千曲川流域の北信地区(須坂市、高山村、長野市)に所在する、垣根仕立ての畑のシャルドネを醸造・育成した、シャトー・メルシャン最高峰の白ワイン。その生産本数は3000本ほどしかありません。区画ごとにオーク樽で発酵を行い、各地区の特徴をバランスよくブレンド。その後、オーク樽で約6ヶ月間熟成、砂礫質の右岸からは深みと力強さ、粘土質の左岸からはトロピカルな華やかさが与えられた、バランスの良い複雑な味わいの白ワインです。『レモンやグレープフルーツのような柑橘香とナッツ、アーモンドやヴァニラのようなオーク樽由来の香りがバランスよく溶け込んでいます。アンズや黄桃など熟した果実を連想させる味わいとともにフレッシュな酸味も感じられ、今後の熟成も期待タップリ!!白身魚のムニエルや焼き魚、天婦羅のほかにも鴨肉のローストなどお肉を用いた料理とも相性抜群です!!』国産白ワインの最高峰の1本と言えるでしょう。
出典:www.rubaiyat.jp

ルバイヤート プティヴェルド2012

伝統あるワイン産地山梨県勝沼町。勝沼の地で世界の銘醸地と肩を並べられるワインを造りたいとの思いから1989年垣根栽培、1996年棚式一文字短梢栽培に取り組み始めました。垣根式の「北畑」、棚式の「試験畑」から味わい豊かで凝縮感のあるプティヴェルド種が収穫できました。
カベルネソーヴィニヨンやメルローなどの補助品種と云われておりますが、勝沼の風土によく合っていると思います。

ディナー前のアペリティフには日本が誇る泡を!【5月26日カクテル】

出典:www.amazon.co.jp

勝沼醸造 アルガブランカ ブリリャンテ

勝沼の地で1200年以上の歴史を持つ甲州種の中から、厳選した葡萄の果汁を使用。オークの樽で発酵、熟成したワインをシャンパーニュ方式(瓶内二次発酵)で醸造し、3年の熟成を経て発売される本格派のスパークリングワインです。
きめ細かな泡立ち、爽やかで芳醇な香り、コクが堪能できる、国産屈指のヴィンテージスパークリングワインです。 甲州種の実力と、勝沼醸造の情熱、技術を感じる逸品です。

ディナーには生産量わずか209本のみの超レアなワインも!【5月26日ワーキング・ディナー】

出典:dot.asahi.com

ヴィラデストワイナリー ヴィラデスト ヴィニュロンズリザーブ シャルドネ2014

厳選されたブドウのみを使用。豊かな果実味とエレガントな酸味。ヴィラデストのフラグシップワイン
ヴィラデストの畑は標高850メートルに位置し、その冷涼な気候から酸味、フレーバーのしっかりしたブドウが得られます。丹精こめて育てた最高品質のブドウを、フレンチオーク樽で発酵させ、シュール・リーの状態で約7か月樽熟成後、瓶詰めしました。豊かな果実味と適度な樽香でボリューム感があると同時に、良質な酸味によりエレガントさの感じられるワインになりました。

メルシャン シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤードオムニス2012

メルシャンは日本最高品質のワイン造りを目指すべく、長野県上田市丸子地区にて2003年より自社管理畑『椀子(マリコ)ヴィンヤード』を展開し、ブドウの栽培を開始してきました。『オムニス』とはラテン語で「全て」を意味し、椀子(マリコ)ヴィンヤードのポテンシャルを最大限表現すべく、シャトー・メルシャンのワインメーカーが厳しく選抜したキュヴェのみで造られています。日本ワインならではの調和の取れた上品な味わいと、椀子(マリコ)ヴィンヤード産のブドウが持つ力強さを兼ね備えたワインです。
「今日もワイン部」編集部 「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ニュース


no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!