70
  2016年06月03日       hollyandflora.com

これは便利!ワインをキリっと冷やすお助けアイテム7選

陽ざしもだんだんと強さを増し、キリっと冷えたワインが美味しい季節♪ でも肝心のワインが冷えてな~い!なんて経験ありませんか?急いで冷凍庫に入れるもいいけれど(笑)、今回はスタイリッシュにワインを冷やすお助けアイテムをご紹介。

「今日もワイン部」編集部 7,027 views

老舗キッチンブランドのワインアイテム

お鍋でおなじみのル・クルーゼ。実はワインアイテムもなかなか充実してるんです。「クーラースリーブ」はル・クルーゼらしいキュートなカラーリングも魅力。冷蔵庫で冷やしておけば、サッと使えます。ギフトにも良さそうですね♪

あらかじめクーラースリーブを冷凍庫に入れておき、ボトルの上から被せるだけで手軽に冷えたワインやシャンパンを楽しめます。
側面の素材に収縮性があり、ほとんどのボトルに装着できるユニバーサルデザインです。
シンプルで洗練されたデザインが、テーブルをおしゃれに演出します。また、ホームパーティーや野外での使用にも便利です。
ワイン、シャンパン、スパークリングワインのいずれにも使用できます。

一粒で二度美味しい?!冷やしながらデカンタもできる

こちらは冷やすだけじゃない、同時にデカンタージュまで出来る優れもの!
ちなみに「Icecap」は、一般の人のアイディアを製品化して販売する「Quirky」で販売されてるとのこと。興味があるならチェックしてみては?

icecapは瞬間的にワインを冷やしてくれて、しかも冷やすと同時にデキャンタージュも行ってくれる超便利なワイングッズです。
使い方はいたって簡単です。予めicecapを冷凍庫で冷やしておきましょう。グラスの上にicecapを置き、あとはワインを注ぐだけです。キンキンに冷やされたicecapの中をワインが通り抜けるときにしっかりと冷やされてグラスに注がれます。
出典:daidoko.jp

冷しながらワインも美しくディスプレイ

イタリア~ンなデザインがオシャレな「WICE」は、あらかじめ冷やした保冷パックをセットするだけのお手軽さ。エチケット(ラベル)を濡らすことなくスマートに冷やせるのは嬉しい。

人間工学に基づいたデザインを採用したイタリア生まれのワイン・冷酒用保冷クーラーです。保冷パック部を冷凍庫で冷凍させラックにセットするだけで、冷やしたワインや冷酒の温度上昇をやわらげ、最適な温度に保ちます。水や氷を使わないので、ボトルに水滴が付かず、拭き取りが不要。ラベルがはがれる心配もありません。

素材の特徴をうまく使って冷やす

いや~、どれも便利そうだけど、グッズを冷蔵庫で冷やしてなかったらどうするの?という方には、こちらがオススメ!テラコッタ製の「magisso GARAFE」はシルエットもスタイリッシュ。

使い方はとても簡単。最初にカラフェを水、もしくは冷水に10~15分浸して、水を吸い込ませてください。
あとは、冷水から引き上げたカラフェにワインを入れるだけ。
「たったそれだけ?」と思われるかもしれまませんが、テラコッタから水が蒸発する時の気化熱の作用でワインを冷たく保ってくれます。
出典:goodsfan.jp

お手軽なスティックタイプ

3人のワイン好きがはじめたブランド”Corkcicle"の「ワインチラー」は、スティックタイプで場所を取らないので便利。コルクの上はキャップになっていて、スティックを差したまま、ワインを注げるのもポイント高し☆

新発想の「中から冷やす」ワインクーラーがこちら。準備は冷凍ジェルが詰まったコークシーク本体を凍らせるだけ。コルクを抜いたワインボトルに差し込めば、程よく冷えたワインが楽しめる。洗えば何度でも再利用できるので経済的だ。

定番のジェルタイプにあわせ、見た目もクールなステンレスタイプも登場。

ちょい飲みに便利?一杯ずつ冷やせる

こちらは同じくスティックタイプだけど、一杯ずつ冷やすタイプ。ドイツのメーカーなので、デザインもスタイリッシュ。

「VINOTAS アイススティック(滴型)」は、グラス一杯分だけワインを冷やせるユニークな商品で、細長い棒の先端には塩水が入っており、効率的に冷やすことができます。冷凍庫で本体を15分程度冷やし、ワインが入ったグラスの中に入れるだけで適度な温度に冷やすことができます。
「今日もワイン部」編集部 「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: ティップス&ガジェット


関連するタグ
キュレーター紹介
「今日もワイン部」編集部
「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシェア&お届けします!

no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!