91
  2016年07月20日       www.vinoedintorni.org

奇跡のスパークリング!イタリアの「フランチャコルタ・フェスティバル」に潜入☆

ここ数年、じわじわと知名度を上げてきたイタリアのスパークリング「フランチャコルタ」。 シャンパーニュ以上の厳しい規制のもと造られ、別名”奇跡のスパークリング”とも呼ばれています。そのフランチャコルタの祭典が、地元イタリアであると聞き、「今日もワイン部」現地へ飛んでまいりましたっ!

「今日もワイン部」編集部 657 views

そもそも「フランチャコルタ」って?

フランチャコルタとは、”スパークリングワイン”の1つです。フランチャコルタは、北イタリア・ロンバルディア州東部のフランチャコルタ地域 (Franciacorta)で、瓶内2次発酵方式で造られるイタリア・ワインの中で初めて統制保証原産地呼称(D.O.C.G)の認定を受けたワインのことです。厳しい規定を守って造られる品質の良さは、「フランチャコルタの奇跡」と呼ばれるほど、イタリアでは高級ワインの名声を得て高く評価されています。
イタリアで造られるスパークリングワインは総称として「スプマンテ」と呼ばれますが、イタリアのフランチャコルタ地域で、厳しい規定のもとに造られたスパークリングワイン以外は、「フランチャコルタ」と名乗ることができません。

規制の厳しさから、度々シャンパーニュと比べられることも多いフランチャコルタ。
その熟成期間はシャンパーニュの最低15カ月よりも長く最低18カ月から。ゆっくりと時間をかけて熟成させることで、豊かな複雑味のある味わいと、キメ細やかな泡が生まれます。

そのフランチャコルタ地域で年に1度『フランチャコルタ・フェスティバル』が行われると聞き、「今日もワイン部」早速現地へ!今回は日本唯一、フランチャコルタだけを専門に輸入販売している「メローネ」の悳山(とくやま)夫妻のご案内で、憧れの聖地へ潜入してきました。

ということで、いざフランチャコルタの聖地へ!

一行はフランチャコルタ地域のある、北イタリアの湖水地方にあるイゼオへ。
ミラノから東へ、車で大体一時間ちょっとの場所にあります。

今年2016年の開催は6月25日(土)・26日(日)。
会場となったのは、フランチャコルタを造るブドウ畑に隣接した広い芝生。
ゲートで入場チケットを見せ、緑豊かな畑の横をテクテクと歩いていきます。
この日は、青空全開MAXなフランチャコルタ日和!

出典:wine-bu.com

と、見えてきましたっ・・・!
こちらがフランチャコルタ・フェスティバルの会場。
フランチャコルタ・ラバーズなみなさんがグラス片手に、すでに盛り上がってる様子。

出典:wine-bu.com

ちなみに、フランチャコルタ地域には約120の造り手さんがいますが、今回のフェスティバルには約半数の60カンティーナ(ワイナリー)が参加。

出典:wine-bu.com

はやる気持ちをグッと抑え、まずはワイン&フードのチケットとグラスを受け取る「今日もワイン部」編集長。

出典:wine-bu.com

テンション上がるフランチャコルタのロゴ入りグラス!
お役立ちな、首から下げるポーチ付きです。

出典:wine-bu.com

いよいよ、フェスティバルへ!

緑の芝生が気持ちイイ会場には、各カンティーナのブースとなる真っ白なテントが張られ、生産者たちが「さぁ、さぁ、うちのフランチャコルタを飲んでってよ♪」とお出迎え。
みなさん、思い思いに好きなフランチャコルタを手にしております。

出典:wine-bu.com

ということで、「今日もワイン部」もLet'sエンジョイ・フランチャコルタ♪
会場内はパラソルやソファ、DJブースなどもあり、みんなリラックスモード。
ブルースカイの下でのフランチャコルタ 最高です!

出典:wine-bu.com

「今日もワイン部」編集部 「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: イベント


キュレーター紹介
「今日もワイン部」編集部
「今日もワイン部」編集部
合言葉は"Love Wine & Be Happy”♪ 毎日が笑顔になるワイン情報をワインラバーズのみなさまとシェア&お届けします!

no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!