83
  2016年07月08日    

7月の「涼」と「夏疲れ回復レシピ」

7月は、キリッと冷やしたスパークリングワインを愉しみながら 夏のほてった肌をいたわる「ベジタブル&フルーツたっぷりのおつまみ」はいかが?

青山清美(金魚) 489 views

梅雨があけると、いよいよ夏本番ですねー。
今月は前編、後編の2回にわたり、夏の日差しを受けた身体や肌にきくフルーツサラダをご紹介します。

し・か・も 
白、ロゼ、赤の3種類のスパークリングワインとコーディネイトしてみましたのでお見逃しなく♪

idea1: 黄金に輝く白のスパークリングワインにあうフルーツのお料理

今回買ってきたワインのエチケット(ラベル)がゴールドだったので、ゴールデンキウイと青リンゴで色味も合わせてみました。
え!?そんな単純な理由? はいそーです。 でも、大丈夫それだけじゃないんです 

キウイにはビタミンCやビタミンEが含まれ、美肌効果や疲労回復もあり、リフレッシュにはもってこい!

他にも食物繊維、葉酸も含まれています。 りんごにはりんごポリフェノールというアンチエイジング効果に一役買ってくれる効果があるのだそうですよ♪

ほてった身体に、紫外線を浴びた肌。まさにぴったりフルーツじゃないですかー。(と、縦を首に振りながら書いてます)

ゴールデンキウイとゴルゴンゾーラの春巻きの皮ピザ 材料

・春巻きの皮3枚と、ゴルゴンゾーラとゴールデンキウイフルーツ。お好みでメープルシロップかはちみつを。

作り方

1:春巻きの皮を1枚づつはがし、ゴルゴンゾーラを適量のせ挟みます

2:リンゴはよく皮を洗い、新を取り除き皮付きのまま薄くスライスし、1にのせます

 キウイは皮をむき、スライスし1にのせます

3:ゴルゴンゾーラをのせトースターで春巻きの皮に焼きめがつく程度焼いたら

 仕上げにメープルかはちみつをお好み量かけ完成です

ゴルゴンゾーラチーズは、イタリア発祥のチーズす。 リゾットやパスタで食されるほか、
イタリア流レストランのコースメニューでは、ドルチェで出てくることが多く、フルーツやスイーツなどと共に運ばれてくるとか。
そうとくれば、ライト食感のクリスピーな春巻きの皮とゴルゴンゾーラに甘味の強いゴールデンキウイ。合わなくはないと思いませんか?

このお料理に合わせた白のスパークリングワインはこちら
GRAN FUVEE BRUT カサ・デ・ブルーニ グラン・キュヴェ スプマンテ ブリュット
イタリアのチーズとくれば イタリアのワインを選びたくなりますよねー。
オリーブオイルで言うところの「麦わら」の色味。辛口で泡もちがよくフルーティーなスパークリングワインです
ヴェネチア国際映画祭の公式スパークリングを手掛けるワイナリーのものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

idea2:火や電気を使わずに 涼を華やかに楽しむテクニック

デリ風に色とりどりも素敵だけれど、色々な野菜買わないとならないですよね。
そんな時、我が家では少しづつ日々使った食材を ちょびっと取り置き大作戦で、ストックして週末飲みに色とりどりの野菜でサラダを作ったりします。が!
そこまで待てなーい。という皆様へのご提案。少ない食材でも、色と盛り方で華やかにしちゃいましょー。

じゃん!。(じゃんって。。。。)色やテーマを決めると綺麗に決まる?
例えばこちらのサラダは、緑のクレソン・キュウリ・トマト×チーズ・オレンジ
ビタミンカラーの2色だけで作りました。

1:きゅうりを飾り切りし、大きな葉っぱに見立て、トマトをお花のようにカット。
2:クレソンは、小さなガラスの器に活けて立体感を出します
3:暖色系のオレンジは一緒に盛らずセパレートして配置
4:あとは、パルミジャーノ・レッジャーノのブロックをぽこぽことかち割り、ころころと転がして自由に散らせば完成

夏の涼と、普段の家のみを楽しむサラダなら十分これでこ洒落感が出るし、見た目も爽やか。
ヒトが訪れる家のみには、エディブルフラワーやディル、ミントなどのハーブも添えれば完璧ーっ! (と、ひとりガッツポーズしちゃうワタシ)

おいしいだけでない、素晴らしいパワーを秘めたチーズ。その名はパルミジャーノ・レッジャーノ
チーズの中でも総合栄養価が素晴らしいこのチーズは 「健康のための理想の食品」と呼ばれるほど。
消化も良く、スポーツの栄養バランス、はたまた病人食にとどまらず、小児科医までもが、ベビーフード、成長期の子供の栄養補給にも最適と推進するほどなのです。
毎日適量を栄養補給として美味しく頂きたいですね。 ワインに合うのも嬉しい(←あら飲兵衛

※24か月以上熟成したパルミジャーノ・レッジャーノにはラクトーゼが存在しなくなります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

idea3:6月に一緒に買ってきた可愛いピンクのしゅわしゅわに合うフルーツのお料理

6月の記事を書くときにこれも飲みたーい!と買ってきていた秘蔵っ子です。
ちゃーんと飲まずにとっておきましたよ。 エライぢゃーん私♪ (←軽くスルーしちゃってください。)

パルミジャーノ・レッジャーノときたら、パルマハムが食べたくなりました。
それというのも、パルマハムの原産となるイタリアの豚さんたちは、パルミジャーノ・レッジャーノから出るホエーを飲んで育っているからなのです。
合わないわけがありませんね。(ますます ワインも美味しく頂けちゃう名コンビ)
と、いうわけでお次の涼は、ピンクのスパークリングワインと合わせた生ハムメロンのご紹介です。
でも!つまらないですよね普通に出したら。  ならば・・・・・!

合わせるお料理はーんと豪快でいて可愛い 生ハムメロンとカマンベールチーズの盛り合わせ
メロンにはカリウムが豊富にふくまれ、むくみ解消に役立ってくれそうですね

ジューシーなメロンの水分とパルマハムの塩気が夏の身体に嬉しい一品。

カマンベールはカルシウムが豊富でイライラ予防にも。夏ってイライラしちゃうぢゃん?

パルマハムとメロンとおつまみカマンベールの盛り合わせ 材料
・メロンとパルマハムとおつまみカマンベール
作り方
1:メロンの1/3の位置でナイフを突き立てるように構え、ギザギザと差し込み飾り切りをします

2:種を取り除き、果肉を一口大に切ったら器に見立てたメロンの皮に戻し、パルマハムとおつまみカマンベールを一緒に盛り付け完成です

※アクセントに純胡椒をちらしてあります(純胡椒って?↓下部に謎解きがありまーす)

お店だと少量でちょっとお高め。バブリーな時代の象徴のような生ハムメロンも、家のみならお手軽価格で楽しめますね。
ヒトが集まる家のみや、夫婦の記念日に、ここはまるっと1個使ってこんな演出はいかが?でしょうかー。

このお料理に合わせたロゼのスパークリングワインはこちら
CAVA PERE VENTURA TRESOR  BRUT - ROZE - スペイン 辛口
全ての手摘みのぶどうのみを使用しており、シャンパーニュと同じ 瓶内二次発酵で作られたスパークリングワイン
色味は濃く、アロマの香りとベリー系の味わいが特徴ののきめ細かい泡が持続するピンクのしゅわしゅわワイン

生ハムとの相性が良いとのお店の方のおすすめポイントが胃袋にはまり、チョイスしました。

 

今月のスパイスメモ  純胡椒って? 
料理家さんたちまでもがこぞってこれは美味しい!と声を上げるほどに、爽やかな辛味と香りが一度食べたらやみつきになる人続出!私も大注目している「塩漬けされた生の胡椒」です。
収穫したての粒を新鮮なうちに房ごと塩水に漬けてあり、ぷちぷち食感と、フレッシュな刺激は、粒をこのまま口に含み食べても美味しいほど!! もし、どこかで見つけたら是非お試ししてほしいお奨め品です。
参考:http://sennin-spice.com/ 

 

・・・・・・・・・・・・・・ 7月の記事前半のまとめ 
合わせるお料理の身体への効果を調べてみたり、時にはワインと料理の色同士の組み合わせで楽しんでみたり。
まだまだ色々な角度からの「家のみワイン」の愉しみ方が無限にありそうですね♪

 

次回7月後半は、赤のスパークリングとお料理をお届けします。
他にも、スタイリングやワイン小物などなどもご紹介しますのでぜひぜひ遊びに来てくださいね。

 

合言葉は・・・

Love Wine & Be Happy !!   : ) ♪

 

 

 

青山清美(金魚)
青山清美(金魚)
お外で飲む外食ワインもお家で愉しむ家バルワインも大好きです。フリーランスフードクリエイター・オリーブオイルテイスタ...
この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けします
カテゴリ: フード&レシピ


キュレーター紹介
青山清美(金魚)
青山清美(金魚)
お外で飲む外食ワインもお家で愉しむ家バルワインも大好きです。フリーランスフードクリエイター・オリーブオイルテイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・元バーテンダー

no comments

SNSで今日もワイン部をフォローしよう!